えひめ伝統工芸士の水引職人、村上三枝子氏に水引を結んでいただいた美しい多当金封です。

上品なゴールドで熨斗部分に梅結びを作っていただきました。

エンボス加工には当店で創業当時から使われている、今では手に入れることのできない大変貴重な版を使用しました。

「大竹柄」と呼ばれる竹を中心として松竹梅が散りばめられた縁起の良いデザインです。

当時の職人が手作業で彫った版を使用しているので松の細い線や梅の木肌の凹凸が繊細に表現されています。

 

「御祝」の文字はマットゴールドで箔押し、立体感を出すためにエンボス加工を施しています。ひと工程手間を加えることで高級感のある美しい仕上がりになるようこだわりました。

 

本体には柔らかな手触りと漂白していない自然な色の奉書紙を使用しています。

 

多当折になっているので封筒を使用する時より少し改まった時や金額の多い時に使用することができます。

 

【伝統工芸士コラボ】エンボス多当 大竹

¥550価格
消費税込み